本文へジャンプ

事業紹介

橋梁事業

一般橋梁

荒川河口橋

工事件名:荒川河口橋
工事場所:東京都江東区~東京都江戸川区
企業者:建設省
完成年度:1994年
発注者:宮地・トピー・サクラダJV
構造形式:鋼床版箱桁
 
工事概要(この工事の特性等)
 本工事は荒川河口橋の両側径間(山側)の上部工架設工事です。桁をあらかじめ4ブロックに地組し、2200t吊FCにて12000t積台船に積み込み、架設地点まで輸送した後、前旋回式1600t吊FCにて一括架設を行った。左岸側の1ブロックについては、架設地点に首都高のランプ桁があり直接FCでの架設が不可能であるため、河川内にベント及び構台を設置し、その上に架設を行い、送り出し・横取り・降下により所定の位置に架設した。
一括架設工法
ページのトップへ