本文へジャンプ

事業紹介

橋梁事業

一般橋梁

椿原橋

工事件名:椿原橋
工事場所:岐阜県大野郡白川村
企業者:日本道路公団
完成年度:2002年
発注者:(株)宮地鐵工所
構造形式:6径間連続鋼床版箱桁
 
工事概要(この工事の特性等)
 トラス上弦材とPC床版を合成しこの床版に主構としての機能を分担させた本邦初の複合トラス橋で、従来タイプの橋にある床組部材などを省略できるため経済性に優れた構造形式として期待いる。現場では斜ベントを設け、2つの中間橋脚から鋼桁とPC床版を逐次合成しながら張り出し架設を行った。
張り出し架設工法
ページのトップへ