本文へジャンプ

事業紹介

解体・撤去事業

橋梁

平山橋解体

工事件名:平山橋解体
工事場所:神奈川県愛甲郡愛川町
企業者:神奈川県
完成年度:2003年
発注者:(株)宮地鐵工所
構造形式:3径間単純曲弦トラス
 
工事概要(この工事の特性等)
 日本に現存する最古のリベットトラス道路橋(大正2年架設)である本橋梁は、新設橋の開通のあと愛川町に移管され人道橋として利用される。そのため、桁の形状を維持したまま撤去し、なおかつ補修も行った。その際、リベットの打ち込み作業も行っている。
ページのトップへ