事業紹介
FRP事業

FRP歩道拡幅床版

FRP歩道拡幅床版は、軽量かつ高強度なFRPパネル材を用いて橋梁部における歩道の拡幅を行う事で、
歩道利用者の安全確保と利便性向上に寄与する技術です。

特徴

仕様

  • 適用幅員 W=3.0m程度
  • FRP材は強化繊維にガラス繊維を用いた
    引抜成形材を使用
  • 成形に用いる樹脂は,イソ系樹脂を使用
  • FRP材は難燃性を有する(JISA1322)
  • 舗装は薄層舗装t=3㎜を標準とする
  • 拡幅が可能
    狭い歩道や歩道のない箇所を拡幅可能で、歩道利用者がより安全に通行できるようになります。
  • 耐食性の高さ
    腐食や塩害に対する耐食性が高く、維持管理費の増加を最小限に抑え拡幅できます。
  • 軽量で負担軽減
    軽量のため、既設橋・下部工への負担を最小限に抑え拡幅できます。
  • 短時間で設置
    軽量で施工性が良いため,短時間で設置可能です。
  • 新設橋梁に適応
    新設橋梁への適用も可能です。

施工例

  • 歩道の必要幅員が確保されていない
    橋梁例1

  • 歩道の必要幅員が確保されていない
    橋梁例2

  • 歩道拡幅前

  • 歩道拡幅後

  • 薄層舗装後

  • 新名神高速道路 木津川橋他3橋
    (NEXCO西日本 平成27年度竣工)

FRPに関するご質問及び
アイディアの連絡先

開発営業部
電話:03-3639-2265
E-mail:watabe.yohichi@miyaji-eng.co.jp