事業紹介
FRP事業

FRP製壁高欄
(鉄道向け)

FRP製π型引抜成形材パネルを用いた鉄道向けの壁高欄です。
従来のコンクリート製壁高欄やブロック積み壁高欄で発生しているコンクリート片の剥落を回避する製品です。

特徴

基部アンカー部

仕様

  • 設計風荷重 3KN/m2
  • 適用高欄高さ 最大2.3m程度
  • 重量≒35kg/枚
  • 人力による設置
    人力による設置が可能です。
  • 高欄高さを自由に
    引抜成形により、高欄高さを自由に設定可能です。
  • 電気絶縁性
    ガラス繊維のFRP材のため、電気を通しません(電気絶縁性がある)。
  • 延焼の抑止
    難燃性を付与する事ができ、火災等の延焼を抑止できます。
  • 景観形成
    FRP素材に着色する事で、周囲にマッチする景観形成が可能です。
  • 吸音性・遮音性の向上
    吸音効果のある材料と組み合わせる事で、吸音性・遮音性の向上を図れます。

施工例

JR湖西線におけるFRP製壁高欄設置状況 (西日本旅客鉄道)

JR長崎本線におけるFRP製壁高欄設置状況 (九州旅客鉄道)

FRPに関するご質問及び
アイディアの連絡先

開発営業部
電話:03-3639-2265
E-mail:watabe.yohichi@miyaji-eng.co.jp