技術
機材

機 材

橋体の架設は橋梁型式・現場の条件等により一つとして同じものはなく条件に合わせて
多様な工法を使い分け、あるいは組合せて行います。ここでは、代表的な工法を簡単に紹介します。

トラベラクレーン

トラベラクレーンは主に河川上など、桁下に自走式クレーンが進入できない箇所などに用いられます。
自重が軽く、河川部での片持ち架設などに使用されます。現在、8t~43t吊のものを6基保有しています。

施工例

  • 第二札内大橋

手延機

手延機は跨線部や河川部などで橋体を送り出しして架設するとき、桁先端に取り付けて安全に送り出すための機材です。
重量が橋体本体に比べて軽く、送り出し時に転倒が生じないように長さを設定します。現在、I桁形式のものを12基保有し、架設桁との組合せにより最大100m程度の支間の送り出し架設が可能です。

ケーブルクレーン

これは、ダミーテキストです。タワー側面に設けたガイドレールに沿ってクレーンをクライミングし更に、側面走行トラベラクレーンにセルフチェンジ出来るクレーン装置。

工事桁

これは、ダミーテキストです。タワー側面に設けたガイドレールに沿ってクレーンをクライミングし更に、側面走行トラベラクレーンにセルフチェンジ出来るクレーン装置。

ベント

ベントは橋体架設時に用いる大型の仮支保工で、橋梁架設においては、ほとんどの工事で使用される機材です。
したがって保有量も非常に多く、作用する荷重に応じて、パイプ構造、角形構造の各種断面のものを使い分けます。

Mトラス(軽量立体トラスシステム)

折りたたみの出来る軽量立体トラス(仮設材)。
特許申請中。

施工例

Mステージ装置

50~220t油圧クレーンのブーム先端にアタッチメントを介して自動制御装置を組み込んだ大型作業ステージと大きさ半分の小型ステージ有り(現在7台保有)内訳:標準型5台 小型:2台 (特許第2674975号)

施工例

  • 大空間、橋梁、補修などの各現場

多機能式クライミングクレーン装置

タワー側面に設けたガイドレールに沿ってクレーンをクライミングし更に、側面走行トラベラクレーンにセルフチェンジ出来るクレーン装置。
(特許第3104159号)

施工例

  • 大分グローバルタワー
  • 浄土真宗親鸞会
  • 盛岡駅西口再開発